幼稚園教諭になるためには大学に行こう|資格をGETせよ

保育の魅力

PCを見る若者

保育士は年齢制限がなく、資格を取得し誰でも目指せる職業です。また、保育の学校に通わなくても、通信講座などで資格を取得することができるのが特徴です。保育士は教育という部分が大きく関わった職業なので、そこが大きな魅力の一つとなっています。

もっと知ろう

保育園の不足と高い需要

グループ学習

働く女性が増え、結婚や出産しても仕事を続ける人が多くなり、保育園が不足している今、保育士は非常に求められている職種と言えます。今はほぼ確実に就職できる仕事として保育の専門学校や大学を選んで進学する人の割合も増えています。

もっと知ろう

今後の日本を支える仕事

エプロン姿の男女

保育士の人材不足が問題となり、国や自治体もさまざまな手を講じてこれを解消しようとしています。給与の見直し等が検討される今こそ、保育士を目指す絶好のタイミングではないでしょうか。大学や短大、専門学校の進学先がありますが、いろんな学校をしっかりチェックし、最適な学校選びを行ないましょう。

もっと知ろう

働きながら資格を得るには

エプロンをつけた男女

3つの方法があります

保育士になるための確実な方法は、厚生労働大臣が指定する養成校(大学・短大・専門学校など)を卒業することです。しかし、既に社会人として働いていたり、金銭的に余裕がないなど、全日制の学校に通うことが困難な場合もあります。そんな人が働きながら保育士資格を得るには、大きく分けて次のような方法があります。1つ目は夜間の専門学校を卒業する、2つ目は通信制の大学・短大を卒業する、3つ目は独学・民間企業の通信講座を利用して勉強する、の3つです。ここで注意すべき点は、独学・通信講座の場合は年に1度行われる保育士国家試験を受験し合格しなければ資格は取れないということです。夜間専門学校や通信制大学・短大の場合は卒業すると無試験で資格が取得できます。

ニーズは増加しています

夜間専門学校に通うメリットは、昼間に働く保育所を紹介してくれる学校が多いことです。昼は助手やアルバイトとして現場で働きながら、夜は学校で勉強することができるのです。卒業後そのままアルバイト先に就職が決まるケースもあるようです。通信制大学・短大の場合は、多くの場合、大学の夏休みや週末などにスクーリングが行われます。実施時期は学校によって異なるので、入学前にしっかり確認しておくことが大切です。いずれの方法でも資格取得には努力が必要ですが、保育士には求人が多く、資格があれば就職はさほど難しくないといえるでしょう。共働き家庭の増加により、会社内保育所やベビーホテルなどの需要も高まっています。働きながら資格を得て、子どもたちに囲まれた仕事にやりがいを感じている人もたくさんいます。憧れていた保育士になるため、一歩を踏み出してみませんか。

幼稚園に務める

幼稚園教諭として働きたいと考えている場合には専門課程が用意されている大学に通いましょう。 幼稚園教諭資格の取得に向けて効果的な学習を行なうことができます。