幼稚園教諭になるためには大学に行こう|資格をGETせよ

保育園の不足と高い需要

グループ学習

就職率の非常に高い仕事

働く女性の割合が増え、結婚しても仕事を続ける女性が当たり前の存在になっています。仕事を続けたいけれど、子どもを預けるところがないと、保育園不足が深刻な社会問題となっています。待機児童問題や保育園の不足が叫ばれている現代では、保育士は非常に求められている職業であると言えます。長い不景気からようやく回復しようとしている現在、就職率の高い保育士になるために保育の専門学校に通う人も多くなっています。昔は子どもに関わる仕事がしたい、女性に強みのある仕事として選ぶ人が多かったものですが、今はやはり、確実に求められている職であるので保育士を選ぶという人は多く、保育の専門学校や大学への進学する人が多くなり、学校の数も増えています。

保育園の種類と特徴

保育園には認可と無認可があり、それぞれの特徴があります。認可保育園では、スタッフは保育士の資格を持っていないといけない、子どもの人数に対する保育士の数、園舎や園庭の広さの決まりなど、厳しい条件が設定されています。無認可だと保育士資格を持っていないスタッフがいてもいいなど、条件が緩くなっています。何よりも違うのは保育料です。認可だと自治体の補助が出るので安くなります。無認可でも預けられる時間が柔軟など、メリットもあります。現在、認可の保育園の増加が非常に求められていて、必要な保育士の数も足りていません。ますます働く女性は多くなり、保育士は求められ続ける職種です。これからも保育士を育成する学校はニーズが高くなっていると言われているので、興味がある人は資格を取得してみてはどうでしょうか?